ペット 小鳥

ペット〜小鳥

 

室内飼いがしやすい小鳥は昔からたくさんの人に飼われてきました。
その中でも人に良く慣れるセキセインコと文鳥を中心にご紹介します。
管理人のnonも幼いころからたくさん小鳥を飼った経験があります。

 

 

あんなに小さい瞳でも飼い主のことはちゃんとわかってほんとに可愛い!
頭もすごくいいし、小学生の時友達の家で人間とかくれんぼをして
遊んでいるセキセインコを見たことがあるんですよ!

 

 

家にいた小鳥達はどの子もみんな長生きをしてくれて、長い時間たくさんの幸せをくれました。

 

 

セキセインコの特徴と飼い方

 

セキセインコの原産地はオーストラリアですが、日本で繁殖されたものも売られています。
セキセインコは比較的体が丈夫で、ラブバードと呼ばれているくらい人間によく慣れ
親しまれています。

 

 

羽も色とりどりでキレイなのでいざペットショップに行っても、どの子にするか迷ってしまうほどです。
雛を選ぶ目安としては体のわりにずっしり重いとか、動きが敏捷であるとかなどがあげまれます。

 

 

えさは小鳥用の飼料ですが、副食にイカの甲などを与えます。
セキセインコのくちばしでも食べやすいよう、えさは小判型の容器に入れます。
セキセインコは寒さにとても強く屋外で飼うこともできます。

 

 

その際の注意点は、屋外の飼育に切り替えるときは春から夏にかけての暖かい季節を選ぶこと、
猫などの他の動物が来ることのない寒い風が吹き込まない場所を選ぶこと、
セキセインコが噛み切ったりしない丈夫なかごを選ぶなどです。

 

 

またセキセインコは、一つのかごで複数を一緒に飼うことができます。

 

 

 

文鳥の特徴と飼い方

 

 

原産地はインドネシアで、日本には江戸時代に渡ってきたと言われています。
インドネシアでは日本で言うスズメのような存在で、農作物などを食べてしまう害鳥です。

 

 

文鳥は一般的に白文鳥、桜文鳥、なみ文鳥がいますが、最近では新種の文鳥も出現し
ペットショップなどに出回っています。人間にとてもよく慣れ、私の経験から言うと、同じ家の
家族でも世話をしてくれたり遊んでくれる人には特別な鳴き方や顔をします。
(そう思っていたのは私だけかもしれませんが)

 

 

人にはよく慣れる文鳥ですが、体のわりに気が強く仲間同士で喧嘩するので、卵を産ませる時
以外はかごの中は一匹ずつにします。
ですがオスとメスでも相性がよくないと喧嘩してしまいます。

 

 

文鳥のえさはヒエやアワなどをあわせた配合飼料ですが、
青菜も好きなので副食として与えます。

 

 

小鳥を手乗りにするなら

 

 

やはり雛のころから飼い始めるのが理想です。ですが雛はまだ羽が生え揃っていないうちは
温度管理をして暖かくしてあげないと、すぐに風邪をひてしまいます。

 

 

ペットショップにいるときは他の雛とくっついて暖めあっているので寒くなくても、
一羽になったら急に寒くなってしまいます。
私の経験上、暖めるのはやはりサーモスタット付のペット用のヒーターが便利です。

 

 

今まで私が飼ってきた歴代の小鳥たちは、雛から飼って手乗りにならなかったことは
一度もありませんでした。生まれて一週間から十日の雛はすったえさを一日に5、6回与えます。

 

 

雛のころは温度管理も気を使いますしえさも手がかかりますが愛情を持って育てて
毎日遊んでいれば、手に乗ってきて全身で愛情表現をして何倍もの幸せを返してくれますよ。


関連ページ

ペット〜犬の飼い方
ペット人気ナンバーワンの犬。犬たちの生態や飼い方などいろいろな情報を掲載しています。人間と共に長い間暮らしてきた犬。犬は良き友でありたいせつな家族の一員です。
ペット〜猫の飼い方
癒しの存在ナンバーワンの猫。猫は気まぐれなところがありますが、顔を洗う姿や猫独特のしぐさは、猫好きにはたまらないものです。そんな魅惑の猫たちの情報を紹介しています。
ペット〜ハムスターの飼い方
今や小動物ペットの中で大人気のハムスター。まん丸の背中やハムスター独特のしぐさなど、本当に可愛いですよね。以外にも聴覚が並外れているハムスター。そんなハムスターを詳しくご紹介します。
ペットシッターと言う仕事
こちらのペットシッターのページでは、ペットシッターの仕事内容や料金の目安などを掲載しています。旅行や緊急のときに頼りになるペットシッター。信頼できるペットシッターを見つけておきましょう!
コールダックの飼育方法は?どこで販売している?
小さくて人気のコールダックの飼育方法やどこで販売しているか、回前に絶対知っておいたほうが良いこと、実際に飼うとなったら必要なことなどを書いていきます。