シマリス 不正咬合

シマリスの病気〜不正咬合

不正咬合とは、シマリスの上下の派が噛み合わなくなって
しまった状態のことです。

 

 

人間と違って、シマリスの歯はずっと伸び続けるものなのですが、
何らかの原因で噛み合わせががおかしくなってしまうために起こります。

 

 

シマリスは何でもまずはかじって確かめることが多いので、
ゲージの網や硬いものなどをかじっているうちに、
噛み合わせが悪くなったり、高い場所から落ちたときに
ぶつけて悪くなることもあります。

 

 

不正咬合になっていると、目から涙が出ていたり、餌を食べにく
そうに食べたり、よだれが出てきたりします。
ちゃんと食べれなくて、口の周りが汚れてしまうこともあります。

 

 

シマリスはちょっとのことで驚いてゲージの中でも下に落ちたりするので、
特にゲージの外に出しているときは、脅かしたり急に手を出したり
しないよう気をつけてください。

 

 

怖いときは人間がびっくりするほど後先考えずに飛んだりしますので^^;
また、餌も歯を使って食べられるものを日常的に与えると、
予防に繋がります。

 

 

不正咬合をシマリスが自分で治すことはできませんので、
おかしいなと思ったら、早めに病院へ連れて行き、対処して
あげてくださいね。

 

 

家は餌のほかに、かじるための木をゲージに取り付けてあげています。
その時の気分でかじったりかじらなかったりしますが、
適度な歯の伸びには役立つと思いますよ。

 

かじることはシマリスにとって、ストレス発散にもなるので、
なにか一つでも入れてあげると、良いですよ。

関連ページ

シマリスの病気〜肺炎
シマリスの赤ちゃんに多い病気〜肺炎についてのページです。
シマリスの病気〜下痢
シマリスの病気〜下痢についてのページです
シマリスの病気〜消化管閉塞
シマリスの病気〜消化管閉塞
シマリスの病気〜腫瘍
シマリスの病気〜腫瘍
シマリスの病気〜熱中症
シマリスの病気〜熱中症
シマリスの病気〜尾抜け
シマリスの病気〜尾抜け
シマリスの病気〜内分泌性皮膚炎
シマリスの病気〜内分泌性皮膚炎
シマリスの病気〜自咬症
シマリスの病気〜自咬症
シマリスの病気〜けが
シマリスの病気〜けが
シマリスの病気〜代謝性骨疾患
シマリスの病気〜代謝性骨疾患
かかりつけ医を見つけよう
シマリスを飼うときは、かかりつけ医を見つけておくと、いざというときとても安心です。