シマリス 熱中症

シマリスの病気〜熱中症

シマリスも人間同様、暑い季節は熱中症になりやすいので、
十分な注意が必要です。

 

シマリスは元々熱さには弱い動物なので、室内の温度管理が
重要なポイントになります。

 

 

基本は28度以上にならないように、エアコンで管理するのが一番楽です。
シマリスのゲージの傍に温度計を置いておくと、もっと安心ですね^^

 

ゲージを置く場所も、夏は特に窓の傍は避けたほうがいいですよ。
あっという間に熱中症になってしまう可能性があります。

 

 

家では、夏はエアコンはほぼつけたままです。家を留守にするときも
必ずつけていきます。電気代はかかりますが、心配で外出どころでは
なくなりますので、絶対につけていきます。

 

 

1〜2泊の旅行のときももちろんつけていきますが、夜に急激に冷えないように
28度設定にして、窓のカーテンの他にもう1つ布をかけたりして、日中の
温度が上がらないようにしています。

 

 

家はリスのいる部屋は南向きで日当たりがいいので、とくに温度管理は
慎重に行っています。

 

 

万が一、熱中症かな?と言う症状が出てしまったら、冷たい水で濡らしたタオルを
よく絞って体を巻いてあげたり、アイスノンにタオルを巻き冷やしてあげてください。

 

 

症状は、呼吸が速くなったりぐったりしているなどですが、人間が気づいたときには
良くない状態になっていることが多いので、早急な対応が必要です。

 

 

シマリスは体が小さいので、氷水が入ったビニールで冷やすと冷やしすぎて体温が
下がりすぎて危険なので、氷枕とかアイスノンの方がいいと思います。

 

 

また、温度だけじゃなく飲み水が充分で無い時も熱中症を起こしやすくなります。
夏はお昼寝から目覚めて、すごい勢いで一気飲み(全部ではありませんが)するので、
充分な量が入っているか少し気にかけておくことをおすすめします。

 

 

熱中症の応急処置で回復したとしても、一応動物病院へ行って診察を
受けておいたほうがいいです。食欲がなくなることも考えられますので、
ビタミン剤や捕液などが必要な場合もあります。

関連ページ

シマリスの病気〜不正咬合
シマリスの病気〜不正咬合についてのページです
シマリスの病気〜肺炎
シマリスの赤ちゃんに多い病気〜肺炎についてのページです。
シマリスの病気〜下痢
シマリスの病気〜下痢についてのページです
シマリスの病気〜消化管閉塞
シマリスの病気〜消化管閉塞
シマリスの病気〜腫瘍
シマリスの病気〜腫瘍
シマリスの病気〜尾抜け
シマリスの病気〜尾抜け
シマリスの病気〜内分泌性皮膚炎
シマリスの病気〜内分泌性皮膚炎
シマリスの病気〜自咬症
シマリスの病気〜自咬症
シマリスの病気〜けが
シマリスの病気〜けが
シマリスの病気〜代謝性骨疾患
シマリスの病気〜代謝性骨疾患
かかりつけ医を見つけよう
シマリスを飼うときは、かかりつけ医を見つけておくと、いざというときとても安心です。