シマリス 消化管閉塞

シマリスの病気〜消化管閉塞

消化管閉塞とは、その文字の通りシマリスの消化器官が
詰まってしまう病気です。

 

ウンチがいつもより小さかったり出なくなったり、餌も食べられなく
なったりすることで気づきます。

 

 

どうしてこのようなことが起こるかと言うと、原因のひとつは、
小さい糸くずやかけらのようなゴミを飲み込んでしまうことです。

 

 

ただ、私の経験上ゲージから出しているときに何かをかじっても、
食べ物じゃないと分かった時点で家のシマリスは「ペッ」と捨てます。

 

 

もしかしたら、餌に何かがくっついていて、一緒に飲み込んでしまうことが
あるのかもしれません。

 

 

あと、ペットショップで売られているので安心だと勘違いしてしまうのが、
ペットの巣箱に入れる綿です。

 

フワフワで暖かそうなので、特に冬は入れてあげたくなってしまいますが、
これは危険なので絶対にやめましょう。
(ハムスター用として売られていることが多いです。)

 

 

実際に商品として販売されているからといって、確実に安全とは
限りませんので、実際に買って自分のシマリスに導入する時は、
どんなものでも慎重に考えたほうがいいです。

 

 

なら売らないでよって、ちょっと思いますよね。

 

 

あと、自分で作った小さなハンモックなどを入れてあげる
飼い主さんがいますが、もしもかじったりしているようなら
念のため外したほうがいいかもしれません。

 

 

気に入ってお昼寝などをしているようでも、ゲージの中で
動き回っている時に足を引っ掛けたりすることもありますので、
取り付ける場所にも気をつけてください。

 

 

消化管閉塞は、一度なってしまうと治療は難しいので、
飼い主が注意して危険なものを取り除くことでしか、
予防することができませんので、様子を見ながらなんでも
選んであげてくださいね。

関連ページ

シマリスの病気〜不正咬合
シマリスの病気〜不正咬合についてのページです
シマリスの病気〜肺炎
シマリスの赤ちゃんに多い病気〜肺炎についてのページです。
シマリスの病気〜下痢
シマリスの病気〜下痢についてのページです
シマリスの病気〜腫瘍
シマリスの病気〜腫瘍
シマリスの病気〜熱中症
シマリスの病気〜熱中症
シマリスの病気〜尾抜け
シマリスの病気〜尾抜け
シマリスの病気〜内分泌性皮膚炎
シマリスの病気〜内分泌性皮膚炎
シマリスの病気〜自咬症
シマリスの病気〜自咬症
シマリスの病気〜けが
シマリスの病気〜けが
シマリスの病気〜代謝性骨疾患
シマリスの病気〜代謝性骨疾患
かかりつけ医を見つけよう
シマリスを飼うときは、かかりつけ医を見つけておくと、いざというときとても安心です。