シマリス 代謝性骨疾患

シマリスの病気〜代謝性骨疾患

代謝性骨疾患とは、カルシウムのの不足が原因で起こるものですが、
人間で言うところの、くる病、骨粗しょう症、骨軟化症などのことです。

 

 

餌の栄養バランスが悪い状態が続くことが原因です。シマリスは野生化では
雑食の動物なので、飼育下でも栄養バランスを保つことは必須です。

 

 

栄養バランスが行き渡っている子は、毛並みがつやつやして元気ですが、
この代謝性骨疾患がある子は、骨が上手く作られなかったりするので、
骨折しやすい子になってしまいます。

 

 

特に赤ちゃんリスや子リスの頃は、体が最も成長するときなので、
栄養バランスは気をつけたほうがいいです。

 

 

私が今飼っている子を迎え入れたときは、まだミルクを飲んでいましたので、
ミルクに浸して柔らかくすることもできるリス用の小さなクッキー(栄養満点の
餌です)、動物用の滋養飲料(飲み水に数滴加えます)、

 

 

チューブ状のブドウ糖(ペット用でチューブからちょっと出してそのまま与えられます)
は必ず揃えてくださいとペットショップから言われました。
ちゃんとしているペットショップほど、言われると思います。

 

 

今考えると怖いのですが、まだ何の知識も無い頃に最初に飼ったシマリスは、
ゲージのことや餌のことを一切教えてくれない個人のお店でした。
おじいちゃんとおばあちゃんがやっているような。

 

 

餌はひまわりの種ですよと言われてそのまま受けとめかしたから、シマリスに関する知識を
売り手も買い手もまったく持っていない時代だったのでしょうね。

 

 

幸いその子は健康で元気でしたが、これからシマリスを飼うのであれば、
やっぱり体調や健康をできるだけ管理して上げられるようにしてください。

 

 

餌の管理や内容が悪いために健康を損なってしまったなんて、飼い主として
本当に悲しいことですからね。

関連ページ

シマリスの病気〜不正咬合
シマリスの病気〜不正咬合についてのページです
シマリスの病気〜肺炎
シマリスの赤ちゃんに多い病気〜肺炎についてのページです。
シマリスの病気〜下痢
シマリスの病気〜下痢についてのページです
シマリスの病気〜消化管閉塞
シマリスの病気〜消化管閉塞
シマリスの病気〜腫瘍
シマリスの病気〜腫瘍
シマリスの病気〜熱中症
シマリスの病気〜熱中症
シマリスの病気〜尾抜け
シマリスの病気〜尾抜け
シマリスの病気〜内分泌性皮膚炎
シマリスの病気〜内分泌性皮膚炎
シマリスの病気〜自咬症
シマリスの病気〜自咬症
シマリスの病気〜けが
シマリスの病気〜けが
かかりつけ医を見つけよう
シマリスを飼うときは、かかりつけ医を見つけておくと、いざというときとても安心です。