シマリス 野生

野生のシマリスの暮らし

野生のシマリスについて知ることは、これから一緒に暮らそうと思っている
方にとってはとても意味のあることだと思います。

 

 

シマリスがどんな動物かは、野生の環境によって作られてきたものだからです。
野生のシマリスは、通常森の中に生息しています。海に近い森や
高原の中の森など、いろいろな森が生活の場になります。

 

 

シマリスは昼行性の動物ですので、午前中に活発に活動するようです。
起きている時間のほとんどは、餌を見つけるために森の中を動き回ります。

 

 

イメージとして木の上にいつもいる気がしますが、地上でも過ごすことも多く、
横にも縦にも活発に動く動物なので、飼育下でもある程度の大きさの
ゲージを用意する必要があるのです。

 

 

野生の中のシマリスは、イタチやきつね、蛇、鷹や鷲などにいつも
狙われて暮らしています。森の動物の中では弱い方の立場にあるのです。
警戒心が強く臆病なところは、こう言うところからきているのでしょうね。

 

 

繁殖の時期などを除いて、通常は単独行動で暮らし、縄張り意識が
強い動物です。

 

 

秋に入ると冬眠の準備のため、安全な場所に巣を作り始めます。
そして冬眠の間の食料をひたすら集め巣に溜めていきます。
落ち葉も集めてベッドを作り冬眠中はそこで眠り、時々起きて
排泄と食事をします。

 

 

頬袋に食料を溜め込んでいる姿も可愛いですが、落ち葉集めの
顔も飛びぬけて可愛いです。口の中に落ち葉を折り畳んで
ためて巣まで運びます。

 

 

この行為は飼育下でも見ることができます。家の子はゲージの下に
引いてある細く切った紙を、ひたすら口の中に折り畳んで、巣まで
運んでいます。可愛いですよ。

 

 

シマリスの豆知識

 

 

野生のシマリスは集めたどんぐりを土の中の至る所に埋めて隠します。
この隠した場所を、ほんの少しだけシマリスは忘れるのだそうです。

 

 

その掘り返されなかったどんぐりがやがて芽を出し、森の木々が
作られるのです。シマリスなどの小動物がいなかったら、もりにどんぐりが
生えないとも言われています。

 

 

小さな動物たちも、野性の中では森を作ると言う役割を
ちゃんと担っているのですね。

関連ページ

シマリスを手に入れるには?
シマリスはどこで手に入れることができるのか?
シマリスをたくさん飼いたい
シマリスを何匹もたくさん飼うことはできるのか?
シマリスは噛みますか?
シマリスは噛むことがあるのか?噛まれたらどう対処したらいいのか、書いていきたいと思います。
一緒にお出かけできますか?
シマリスは一緒にお出かけしたり、散歩できるのでしょうか?
小さな子供がいても飼えますか?
シマリスは小さなお子さんがいても飼えるのでしょうか?
シマリスとどんぐり
シマリスとどんぐりについて
手乗りになりますか?
シマリスは手乗りと書いて売っていることもあります。本当にそんなに慣れるのか、書いてみたいと思います。
お留守番はできますか?
シマリスはお留守番をさせるのは大丈夫なのでしょうか?旅行などのときのことも書いていきたいと思います。
しつけはできますか?
シマリスは犬のようなしつけはできるのか、書いていきたいと思います。
あなたのシマリスが突然悪魔に?!
シマリスはどんなに慣れて可愛い子でも、突然悪魔のように返信する可能性があります。
お風呂に入れますか?
シマリスはお風呂に入れたりするのでしょうか?
シマリスの天敵(飼育編)
飼育下の中でのシマリスの天敵は、いったい誰なのでしょうか?
ゲージ飼いと放し飼い
シマリスはをゲージ飼いと放し飼いのどちらが良いのでしょうか?
一人暮らしでも飼えますか?
シマリスがいたら一人暮らしもさびしくないなと思っていませんか?一人暮らしでも飼えるのか、書いていきたいと思います。
シマリスが突然鳴き出した!
ある日突然、シマリスが鳴き出した!その理由は?