シマリス 外来種

シマリスは外に逃がさない

シマリスを外に逃がさない・・・当然と言えば当然なんですが、
そこには私たち人間がシマリスを飼う上での、本当に大切な役割が
隠されています。

 

 

現在、私たち人間がペットとして迎えることができるシマリスは、全て外国から
来る子達です。日本では、北海道に唯一シマリスが生息しているのですが、
この子達は捕まえて飼うことはできません。

 

 

つまり、普通に手に入れたシマリスは、本来日本には
いなかった生き物と考えて間違えないのです。

 

 

元々その国や地域にいなかった動物が、元々そこに住んでいた
動物と出会うことは、自然界の生態系に大きく影響してくることになります。

 

 

もしも日本にいるシマリスと外国から来たシマリスの間に赤ちゃんができたら、
新しい種類のシマリスが生まれてしまうことにもなります。また、外へ逃げた
シマリスが何らかの形で繁殖してしまうと言うことも充分に考えられます。

 

 

現に世界中で逃げ出したペットが繁殖し、人間の暮らしや生態系に
深刻な事態を引き起こしているところがたくさんあります。

 

 

これは本当に大きな問題なんです。
このようなことが確認され問題が大きくなれば、シマリスは
特定外来生物に指定され、今後一切の輸入が禁止になる可能性もあります。

 

 

だから、世話が仕切れなくなって故意に逃がすことはもちろん
わざとじゃなくてもうっかり外へ逃がすことは許されないことなんです。

 

 

たった一度の人間の過ちにより、自然界の法則を変えてしまうなどと
言うことはあってはならないことなんですよね。
もちろん、故意に逃がすのは犯罪なんですが^^;

 

 

とてもすばやい動物ですので、ついうっかり窓を開けていて、
ついうっかりドアを開けてしまってなどと言うことがないよう、
細心の注意をはらってゲージから出すようにしてくださいね。

関連ページ

シマリスは追いかけちゃだめ
シマリスは追いかけてはいけない動物です。信頼関係を気づく上でも、脅かす行為はタブーです。
シマリスのしっぽはつかまない
シマリスのしっぽは、つかみやすくなっていますが、絶対につかんではいけません。
シマリスはべたべた触らない
シマリスは体に余計なにおいをつくのを嫌がります。べたべた触らない方が無難です。
シマリスとは昼夜問わず遊ばない
シマリスは昼行性の動物です。昼夜問わず遊ぶとどんな影響があるのでしょうか?
シマリスとはキスしない
シマリスとはどんなに仲良くなっても、キスはしない方がいいようです。
シマリスが外に逃げた!
シマリスが外に逃げてしまったときの対処法
シマリスは飼っちゃだめ?!
実はシマリスって飼っちゃだめな動物かもしれません。